2006年第16回CWY企画展 テーマ「音」 ・・・あなたにとって,心に残る「音」についての思い出はありますか?仕事の手を休めてひとり静かにもの思いにふける時,心に響いてくるのはどんな「音」ですか? 17名の山梨県内造形作家による創作表現です。

2006年 第16回CWY企画展

2006年第16回CWY企画展 テーマ「 音 」

開催日:2006.09.27〜10.03  会場:山梨県立美術館一般展示室A

2006年第16回CWY企画展 テーマ「 音 」

実行委員長/中根 一政

2006年【出品者17名】
作家名をクリックすると
下の作品の段に移動します

上野玄起(金属造形)
ウラシマ ユージ(木工)
浦山和代(陶芸)
加藤潤(木工)
亀田やすよ(ステンドグラス)
田中立彦(金属造形)
中根一政(金属造形)
早川利禧(金工)
菱沼定夫(陶芸)
日向左織(金工)
深澤勉(造形)
藤巻晶子(ガラス)
村岡由季子(造形)
村岡由梨(陶芸)
森本惠一郎(金工)
柳本知一(金工)
ヤマセトシフミ(金工)


テーマ「 音 」について(実行委員長/中根 一政

 あなたにとって,心に残る「音」についての思い出はありますか?仕事の手を休めてひとり静かにもの思いにふける時,心に響いてくるのはどんな「音」でしょう。雪の降る夜に鉋で木を削る音? 釉薬をまぜる音? または,力強く鉄をたたく甲高い音ですか? 何も音が出る作品でなくても良いのです。有形無形を問わず自由な発想で,来場者の心に響く「音」を表現して下さい。会期中、美術館を想像力の音で満たしましょう。



【出品作品】(50音順)


上野 玄起 (金属造形)


いのち
生 命 の 音





日頃、音として感じていないものに耳を傾けてみました。

木の幹の中の音、発芽する種の音、動く雲の音、陽の光の音、星の瞬く音。

そうすれば,生命(いのち)の音が聞こえて来る気がしました。

生命の音を表現してみました。


ウラシマユージ (木工) / ウッドサイン工房 マイクラフト


   
「音 象 字 典」



    

音象学によると子供が好きな言葉は「パピプペポ」。

お菓子の7割にP音が使われています。

特に男の子はゴジラ、ガンダムなどG音に興奮します。

若い女性はMとNとSの音が好き。

人気の女性週刊誌の名前に使われています。

その言葉を話すと脳に直接影響を与える音と、
言葉を表す文字や漢字が視覚や聴覚で呼び起こされるイメージについて考えて見ました。

少し離れて観て下さい。

文字列の構成が「音」という漢字になっています。

   




浦山 和代 (陶芸) /陶工房「和」



ベートーヴェンに捧ぐ





晩年の難聴に苦しみながらも数々の名曲を世に送りだした

ベートーヴェンに思いをはせ、作品をつくりました。

ベートーヴェンは耳が聞こえなくても鳥の声を聞き、
楽器の音を聞いていました。

物理的な音は、その耳に届かなくても心の中に厳然と 「音」が存在していたのです。

それは魂の耳が聞き取る「音」でした。

   




加藤 潤 (木工)/ いっぴん工房


「どんな音が聞こえますか?」





音を感じる作品をつくることをこの作品の主題としました。

作品をつくりながらアトリエ中がうるさくて仕方ないくらいに・・・。

僕にはある音をイメージしてつくったつもりです。

「どんな音が聞こえますか?」




亀田 やすよ (ステンドグラス) /アートグラス ティンカーベル


シ ン フ ォ ニ ー





穏やかでないニュースが毎日のように流れる昨今。
心に響きあう音が少ないように感じられます。
色々な楽器が奏でる音色の響き合いを、
光の色で表現して見ました。

光のシンフォニーの中で、
それぞれに、心に響く音色を思い起こしてください。


田中 立彦(金属造形) / 田中立彦アトリエ


足 音







走っているような足音

でも聞こえない

だけど、走ってる



みたい・・・


中根 一政(金属造形) /いっせい工房


奏 で る







自転車を使い、制作しました。
当初、イメージテーマである『音』について、 実際に音の出る作品にしようと思いましたが、 動きのあるユーモアなものに出来上がったと思います。


早川 利禧 (金工) / 工房はやかわ


雨 音








(PR)東急ハンズの通信販売は、Arts & Crafts の創作活動を強力にお手伝いしています。


菱沼 定夫 (陶芸) / 菱工房


ミッドナイトジャズ







「音楽」は時間芸術であり、多くの芸術家が視覚芸術を

「音楽」という「時間芸術に」挑戦し続けている。

 今回のテーマは「音」。

「時間」から「視覚」の変換を試みてみました。

 深夜、好きな「JAZZ」を聞きつつ、イメージを膨らませ、 画面構成を試みました。


日向 左織 (金工)


O T O T A M A






深澤 勉 (造形)


遊 奏 民





今回は F R P 樹脂と紙粘土を組み合わせて見ました。

演奏ロボと人物の表情がポイントです。




藤巻 晶子(ガラス)


かぜ  たみ  かぜ  おと
風 の 民  風 の 音







「人生は旅」と言った人がいたそうな。

そう、   人生は旅のようなもの

そして   旅は風のように---------

軽やかに自由に

風の民

         風の音を聞きながら



村岡 由季子 (造形) / 目ん玉ンボ 唇ンバ


h o m e = l a u g h
(家)  (笑い声)







私にとっての音とは“笑い声”という『音』。

私の子供がそして家が、いつも笑い声で満たされますようにと、

世界中の子供に、笑い声で満たされた家がいつもありますようにとの願いを込めて。


村岡 由梨 (陶芸) / 工房 む


クルミの木が色づきはじめた





クルミの木が色づきはじめた

シユー


黄色い葉を 端からぼとぼと落として

シュー


緑の房の実が 誇らしく覗いている

シュー

・・・・・・・・・


パン ! !


森本 惠一郎 (金工) / 県デザインセンター


「 音 」
ーどんな音色がでるのかなあー





昆虫の羽根を加工して、装身具楽器のボディにしました。

テーマの音を感じて欲しいです。


柳本 知一 (金工)


ハーモニー







サイズ 長さ125mm×幅75mm×高さ55mm

素材  SILVER・空き缶・K18

技法  ワックスモデリング、鋳造、鍛金、銀古美



異なる神を信仰する人々は小さな舟(地球)の上で共生する。

それぞれの音は,共存し、ハーモニーを奏でる。


ヤマセ トシフミ (金工) / 工房 む く


旋律に乗れない 不協和音








いじめや虐待、様々な暴力によって傷つけられた心は、
否定された自分を忘れるために・・・、
自分を守るために仮面をかぶる。そして、
自分が何のために生きているのか,
生まれた理由も忘れてしまう・・。
自分の殻に閉じこもり迷路をさまよう。
旋律に乗れない不協和音。

小さくて弱々しいその音は魂が愛を求めて叫ぶ心の声。
いつの日か旋律に乗って歌いたい愛の歌。



powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional