ようこそ!CWY企画展へ  Contemporary Works in Yamanashi 山梨県立美術館において、県内で活躍するarts & craftsの現代造形作家達が毎年テーマ展を開催。

2008年 第18回CWY企画展

2008年 第18回CWY企画展 テーマ「お ど る」


開催日:2008.10.01〜10.06  会場:山梨県立美術館 県民ギャラリーA


実行委員長 浦山 和代

2008年第18回CWY企画展テーマ「お ど る」

菱沼定夫(陶芸)
浦山和代(陶芸)
村岡由季子(造形)
深澤勉(造形)
田中立彦(金属造形)
中根一政(金属造形)
村岡由梨(彫刻)
萩原真輝(彫刻)
早川利禧(金工)
日向左織(金工)
森本惠一郎(金工)
柳本知一(金工)
亀田やすよ(ステンドグラス)
加藤潤(木工)
ウラシマ ユージ(木工)
2008年【出品者15名】作家名をクリックすると下の作品に移動します


第18回CWY企画展テーマ『お ど る』について


【ごあいさつ】
実行委員長 浦山 和代

開催期間 2008年10月3日(金) 〜 10月8日(水) 
山梨県立美術館一般展示室ギャラリーA にて開催  入場無料

山梨県で多岐にわたって活躍する同時代の造型作家達が、
ひとつのテーマでそれぞれが制作し1年に1度展示するユニークな企画展です。

今回のテーマは「おどる」です。

舞踊、ダンスとしての「おどる」、肉体の跳躍や、

心がわくわくするという意味での「おどる」、

何かに踊らされるという意味での「おどる」。

ほかにも捉えかたはあるかと思いますが、

多種多様な視点で「おどる」をみつめ、

作品化することが、今回の展示の狙いです。



【出品作品】(ジャンル順)



【 陶 芸 】



01:祭典1.祭典2     菱沼 定夫 (陶芸) / 菱工房



「祭典1.祭典2」菱沼 定夫

「祭典1.祭典2」菱沼 定夫

「祭典1.祭典2」菱沼 定夫

【コメント】

生きることに直結した営みに
「描く」、「音を楽しむ」、そして
「おどる」と言う行為がある。「祭」
はそれらの総合表現である。
今回のテーマで喜び、祈りを表現
してみました。。

【素材と技法】

素材=陶器
技法=手びねり整形
  着彩





09: 気ちがい猫     浦山 和代(陶芸) /陶工房「和」



浦山 和代「気ちがい猫」

浦山 和代「気ちがい猫」

浦山 和代「気ちがい猫」

【コメント】

壊れかかった大地の上で、踊り狂う猫達。
金と物に目がくらみ、欲望はいやがうえに
も膨れ上り、この気ちがいダンスを、誰も
止めることができない。
猫達は気がつかない。自分達の行動が、自
分達の生命を脅かしていることを。幸せを
求めたはずなのに、どうしてその道が、死
の淵へと向かっているのか⋯⋯。

【素材と技法】

素材=陶土
技法=板状の土を加工して
猫のボディーや土台の部分
を作成。釉薬は、透明由、
白釉、結晶釉。





【 造 形 】

03:踊るアホウに見るアホウ 同じアホウなら踊らなソンソン
                        村岡 由季子(造形)/工房 むく



「踊るアホウに見るアホウ」村岡 由季子

「踊るアホウに見るアホウ」村岡 由季子)

「踊るアホウに見るアホウ」村岡 由季子)

【コメント】

このタイトルは、徳島の阿波踊りの
お囃子です。これを京都で過ごした
大学時代よく耳にしました。特に、
大阪の友達が口にしていました。
“どうせ同じアホウなら、踊らなゃ”
と。“全ての事も見てるだけでなく、
やってみようよ”と。今も私の心に
しっかりと残り、そのように生きた
いと思っています。

【素材と技法】

ミクストメディア





04:おどるいのちの樹     深澤 勉 (造形)



「おどるいのちの樹」深澤 勉

「おどるいのちの樹」深澤 勉

「おどるいのちの樹」深澤 勉

【コメント】

樹木の枝はいろんな方向に自由に伸び、まるで
楽しくおどる人々の姿に似ている。そんな世界
の住人とは、どんなひとなのだろうか?

【素材と技法】

FRP樹脂と鉄鋼材





【 金 属 造 形 】



05:おどる    田中立彦(金属造型)/田中立彦アトリエ



田中 立彦「おどる」

田中 立彦「おどる」

田中 立彦「おどる」

【コメント】

盆おどり?
フォークダンス?
ツイスト?
やっぱXANADUでしょ。
一週間に10日行ったことも⋯⋯

【素材】
 鉄と石





06:Dance with me     中根 一政(金属造形)/いっせい工房



中根 一政『Dance with me』

中根 一政『Dance with me』

中根 一政『Dance with me』


【コメント】

廃品の鉄筋、支柱を使用し、鉄の持つ
硬いイメージを、自由な曲線で、「お
どる」を表現しました。

【素材と技法】

素材については、ビル解体の時に出る鉄筋の巨大な塊を
細かくカットしたものを使用しました。
(スクラップセンター協力による)
ビル解体の鉄筋、配線家庭引込用支柱(亜鉛加工)、
ペンキ塗装、溶接及び酸素穴開切断

(PR)東急ハンズの通信販売は、Arts & Crafts の創作活動を強力にお手伝いしています。


【 彫 刻 】



07:永遠の黄昏の光を浴びて     村岡 由梨(彫刻)/工房 む



永遠の黄昏の光を浴びて
窓辺で待ち続ける夢見る者の
じりじりするような思いとが作り出す
或る甘美な快楽


内面的に閉ざされて
ゆるやかに見えた生命は
そのままその同じ運動の延長に
身を委ねたままで
同時に外へと滲み出す


いつまでも途中にとどまり
「宙吊り」の状態を耐えて・耐えて・・・
やがて 嗚呼、私の身も心も
一気に爆発し−−−


踊る・踊る・踊る・・・・・・・・・・・


村岡由梨「永遠の黄昏の光を浴びて」

村岡由梨「永遠の黄昏の光を浴びて」

村岡由梨「永遠の黄昏の光を浴びて」

【コメント】


想念の海に閉じ込められていた生命が一気に開放され、
体の一部がのびのびと喜びあふれて踊る様を表現してみました。







08:『Point-おどる』     萩原 真輝(彫刻)/h.products



萩原 真輝「Point-おどる」

萩原 真輝「Point-おどる」

萩原 真輝「Point-おどる」

【コメント】

素材・環境・人・空間。
すべての点と自然が合い交わり、新しい点が生まれる。
私の創るものは、その流れの中の通過点。
創作ができることに心がおどります。

【素材と技法】

素材:木(銀杏)・ 鉄
技法:木(磨き、叩き、うずくり、柿渋鉄媒染、砥の粉) ・ 鉄(溶接、油焼き)





【 金 工 】



09:インナー・エンジェル     早川 利禧(金工) / 虹の谷アート



早川 利禧「インナー・エンジェル」

早川 利禧「インナー・エンジェル」

早川 利禧「インナー・エンジェル」

【コメント】

心が躍る
  天使が動く

【素材と技法】

貝、銀





10:O DO RU     日向 左織(金工)



日向 左織「O DO RU」

日向 左織「O DO RU」

日向 左織「O DO RU」








11:「おどる 波」     森本 惠一郎(金工)/工房 蟲の籠



森本惠一郎「「おどる 波」」

森本惠一郎「「おどる 波」」

森本惠一郎「「おどる 波」」

【コメント】

平面の板上で、目の錯覚により、立体的に
波がおどっているように見せたかった。;

【素材と技法】

銀950、純金、黒色(硫化仕上)





12:踊る紳士      柳本 知一(金工)



柳本 知一「踊る紳士」

柳本 知一「踊る紳士」

柳本 知一「踊る紳士」

【コメント】

貴女の胸元で揺れる、あやしい黄金の紳士。
美しい羽で舞い、首にはDIAのタイが輝く。;

【素材と技法】

K18・K18WG・DIA・アメジスト・玉虫の羽・WAXモデリング・鑿整形





【 ステンドグラス 】



14:コンペイトウの踊り     亀田やすよ/アートグラス・ティンカーベル 



亀田やすよ「コンペイトウの踊り」

亀田やすよ「コンペイトウの踊り」

亀田やすよ「コンペイトウの踊り」

【コメント】

ガラスという素材は、光があってはじめて、その魅力が発揮されます。
今回のテーマでは、ガラスの特性透過光・反射光を利用して、
小さな空間で、光を自由におどらせてみることにしました。
オルゴールの音とともに、光のおどりをお楽しみください。







【 木  工 】



15:おどる1      加藤 潤(木工)/ いっぴん工房



加藤 潤「おどる1」

加藤 潤「おどる1」

加藤 潤「おどる1」

【コメント】

スピード感、躍動感、エネルギー、情趣などなど、
ともかくあふれる様なすごい力を内に秘めた、そ
してそこからあふれ出たものがおどっています。







16:「おどる脳」   ウラシマユージ (木工)/ ウッドサイン工房マイクラフト



「おどる脳」ウラシマユージ

「おどる脳」ウラシマユージ

「おどる脳」ウラシマユージ

【コメント】

「心と体は別々のものか?」という疑問がいつも私の中にあった。
精神と肉体、理性と欲望、常に対立するふたつの概念が
まだ若かった私を苦しめた。
しかし、精神は高等で肉体は下等だなどと誰が言い得るだろうか。
実際、脳と体は一つにつながっている。
私はものを創る時、指先で考えている。
足の筋肉が悩んでいる。胃や肝臓が笑うこともある。
脳の一部が躍動すると体もとても疲れるし,カロリーを消費する。
私がわくわくして考えている時、脳が踊っている。

【素材と技法】

一枚板のけやき、またはタモを電動糸ノコで切り抜き、
パズルのように組み合わせます。各ウッドピースは
角をルーターという機械で丸みを付け、サンドペーパーで
磨きます。脳細胞の中に文字が隠れています。
各ウッドピースは磁石で取り外しができるようにしました。
壁面で展示し、パズルをするための工夫です。





【 美術館会場合評会風景 】




CWY企画展実行委員会「美術館会場合評会風景」

CWY企画展実行委員会「美術館会場合評会風景」

CWY企画展実行委員会「美術館会場合評会風景」




powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional