ようこそ!CWY企画展へ  Contemporary Works in Yamanashi 山梨県立美術館において、県内で活躍するarts & craftsの現代造形作家達が毎年テーマ展を開催。

2011年 第21回CWY企画展




2011年 第21回CWY企画展 テーマ「ありがとう」


開催日:2011.10.2〜10.08  会場:山梨県立美術館 県民ギャラリーB

第21回CWY企画展テーマ「ありがとう」

2011年【出品者13名】作家名をクリックすると下の作品に移動します
中根一政(金属造形)
成澤玲子(造形)
深澤勉(造形)
村岡由季子(造形)
村岡由梨(彫刻)
日向左織(金工)
早川利禧(金工)
田中立彦(金属造形)
藤巻晶子(ガラス造形)
ウラシマ ユージ(木工)
浦山和代(陶芸)
菱沼定夫(陶芸)
保坂紀夫(竹造形)
各作家のコメント欄で、
作家音声ボタンを押すと作家自身が作品を解説しています。これを聞くと作品の見方がわかってググ〜ンと楽しくなります。ぜひ、聞いてみて下さいネ。m(^_^)/


第21回CWY企画展テーマ『ありがとう』について


【ごあいさつ】
実行委員長 村岡 由梨 実行委員長のごあいさつ

開催期間 2011年10月2日(日) 〜 10月8日(土) 
山梨県立美術館一般展示室B にて開催  入場無料

山梨県で多岐にわたって活躍する同時代の造型作家達が、
ひとつのテーマでそれぞれが制作し1年に1度展示するユニークな企画展です。

今回のテーマは『ありがとう』です。
これは、感謝の言葉ですが、
『ありがとう』を作家それぞれが様々な解釈で感性豊かな作品が展示されています。
笑いを誘うものから、今年は本当にいろいろあり
生きていること作品を作ることができることに感謝するという意味を込めた作品も並んでいます。
是非じっくりとご覧ください。




【出品作品】(ジャンル順)



【 彫刻・造形・立体・複合彫刻 】

01:ありが塔       中根 一政/いっせい工房



「ありが塔」中根 一政

「ありが塔」中根 一政

「ありが塔」中根 一政


【コメント】

今までの活躍を労い、
コンピューター、パソコン等の
部品を用いて制作しました。
作家自身による作品解説音声







02:アリが塔     成澤 玲子



「アリが塔」成澤 玲子

「アリが塔」成澤 玲子

「アリが塔」成澤 玲子


【コメント】

考えた末にできあがりました。
作家自身による作品解説音声









03:ここちよいところ    深澤 勉



「ここちよいところ」深澤 勉

「ここちよいところ」深澤 勉

「ここちよいところ」深澤 勉

【コメント】

私の「ここちよいところ」は「家族」。
居場所がある幸せ。
そんな家族にありがとう。








04: アイスクリームに リキュールかけて ・・・  村岡 由季子/工房 むく

イスクリームに
キュールかけて
トーショコラをそえて
ロ~リと
ットリした時間
     を       そんなささやかな時間がもてることに本当に感謝です。
               どうかみなさんにささやかな幸せの時間がもたらされますように



村岡由季子「アリガトウ ♡」

村岡由季子「アリガトウ ♡」

村岡由季子「アリガトウ ♡」

【コメント】

どうかみなさんにささやかな幸せの時間がもたらされますように
作家自身による作品解説音声







05:三つの仏桑花(ハイビスカス)が咲き・・・ 村岡 由梨/アトリエ=LAVE



三つの仏桑花(ハイビスカス)が咲き

五つの羞恥が流れ 眠れぬ森が吐き出す空気の中で

なくした愛をあきらめるとき 寄せ集めの肉体を抱いて

ハートに神様が宿る

ありがとう 私の神様



村岡由梨「三つの仏桑花(ハイビスカス)が咲き・・・ 」

村岡由梨「三つの仏桑花(ハイビスカス)が咲き・・・ 」

村岡由梨「三つの仏桑花(ハイビスカス)が咲き・・・ 」

【コメント】

すでに自分の内にある神に気づいたとき、
エゴに囚われていた自分から
自由になり、私という存在すべてがいとおしい。
作家自身による作品解説音声







【 金 属 造 形 】



06:アリガトウ    日向 左織



日向 左織「アリガトウ」

日向 左織「アリガトウ」

日向 左織「アリガトウ」

作家自身による作品解説音声





(PR)東急ハンズの通信販売は、Arts & Crafts の創作活動を強力にお手伝いしています。


07:             早川 利禧/工房はやかわ



早川 利禧

早川 利禧

早川 利禧


作家自身による作品解説音声







08:OTAGIRA      田中 立彦/田中立彦アトリエ



【コメント】

ドーブツ アリガト
作家自身による作品解説音声










09:Life      藤巻 晶子 / ガラス工房うず



「Life 」 藤巻 晶子

「Life 」 藤巻 晶子

「Life 」 藤巻 晶子

【コメント】

生物の多様性ということ。
たくさんの様々な生命が存在出来ることに感謝する。
作家自身による作品解説音声







【 陶 芸 】



10:絆      浦山 和代 / 陶工房「和」



浦山 和代「絆 」

浦山 和代「絆 」

浦山 和代「絆 」

【コメント】

父と母へ・・・・・
ありがとう! 
未曾有の災害をまのあたりにして
みんなが感じたこと、私が思ったこと・・・・・
作家自身による作品解説音声







11:陶器の神様御中           菱沼 定夫 / 菱工房



菱沼 定夫「陶器の神様御中」

菱沼 定夫「陶器の神様御中」

菱沼 定夫「陶器の神様御中」

【コメント】

物造りの楽しさ、つらさを教えてくれた
「陶器の神様」に感謝!感謝!          
作家自身による作品解説音声







【 木工芸 】



12:ありがとうの樹     ウラシマユージ / ウッドサイン工房マイクラフト



「ありがとうの樹」ウラシマユージ

「ありがとうの樹」ウラシマユージ

「ありがとうの樹」ウラシマユージ

【コメント】

ひと抱えもあるブナの大木に耳を当てたことがありますか? 
「ゴゴゴゴオー」と言う、幹が大地から水を吸い上げる音がします。
突拍子もないヒラメキによって、脳細胞が新しく神経軸索を
延して行くように、樹木の枝や葉や樹の実ができて行くのだとしたら
人間社会では、お互いの共感や思いやりの気持ちが
やがては「ありがとう」の葉っぱや果実を実らせるのではないでしょうか?
共感と感謝の大地から、「ありがとうの樹」が成長します。
作家自身による作品解説音声







【 竹造形 】



13:アリガタワー(塔)   保坂 紀夫 / 竹の造形美術館



「アリガタワー(塔)」保坂紀夫

「アリガタワー(塔)」保坂紀夫

「アリガタワー(塔)」保坂紀夫








【 ある日の美術館会場風景 】




CWY企画展実行委員会「ある日の美術館会場風景」

CWY企画展実行委員会「ある日の美術館会場風景」

CWY企画展実行委員会「ある日の美術館会場風景」






powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional